屋根塗装のこだわり

屋根塗装のこだわり

mct_roof_img01

築15年の一般的なスレート屋根の内側です。
外側からは分かりませんでしたが、内側がボロボロになっています。
このように、屋根の内材が腐食してしまう原因は、

  • 雨水の浸入による湿気や浸水
  • 金物のさびつき
  • 屋根材の経年劣化

などが考えられますが、「縁切り」不足が原因によることもあります。

縁切りとは、スレート屋根の瓦の上下の重なり部分に隙間を作り、雨水の逃げ道を作る作業のことです。

この縁切りでしっかり隙間を確保しなかったり、塗料で屋根の隙間が全て埋まった状態だと、雨水が行き場を失い、釘穴から瓦の下に侵入して、下地を傷めてしまい、最終的には雨漏りの原因となります。

mct_roof_img02 mct_roof_img03

また塗装後に縁切りをすると、強い力を加えるため屋根材を傷めてしまったり、せっかく塗装した屋根の上に足跡をつけてしまいます。また、適切な隙間を作ったつもりでも、時間が経過して塗膜面が再び接着してしまうことがあります。

そこで、オオサワ創研では、「タスペーサー」と呼ばれる専門の金具を利用して、確実に隙間を作っています。

タスペーサー動画

確実に隙間を作るタスペーサーなら、

屋根を汚しません

下塗り後に屋根に設置するのでそのまま中塗り、上塗りを行えます。
塗装後の作業が一切ないため、きれいに仕上がった塗装面を足跡で汚したり、傷をつけたりしません。

しっかり隙間を確保します

屋根の上下の重なり合いに金具を設置するので、必ず隙間が生まれます。
塗装後も隙間が確保され、塗膜によって塞がれる心配もありません。

「縁切り」を施主様に確認していただけます

屋根の上だから確認できない縁切りの作業ですが、タスペーサーを設置すれば、しっかり縁切りがされているか一目瞭然です。

屋根の塗装をするときは、「タスペーサー」を使って、しっかり縁切りを行い、雨水から屋根をしっかり守り、少しでもよい状態で長持ちするようにして下さい。

お問い合わせはコチラから