アステックペイント

アステックペイントの3要素

アステックペイントは住宅塗料に求められる3つの要素を全てラインナップし、あなたのお家を守ります。

要素1.高い耐久性

家の塗り替えをしたいが、どの塗料を使えば良いかお悩みではありませんか?

塗料には様々な種類があり、その1つ1つに特徴があります。『じゃあ何を基準に選べば良いか』となりますよね。 建物の状況や現状の悩み、今後の計画や経済性など多くの基準がありますが、家を長持ちさせるには「耐久性」が高い塗料を使うのが一番の近道です。

例えば、アクリル塗料だと1回の塗り替えにかかるコストは安いものの、塗り替え目安は6~7年となり長持ちしません。 一方で、フッ素塗装は塗り替え目安が15~20年と長持ちしますが、1回の塗り替えにかかるコストも高めなのが特徴です。フッ素塗料よりアステックペイント、スーパームキコートガイナがお得です。

Astec_Paint

基準項目全てにおいて異常なし

アステックペイントは「ピュアアクリル」という飛行機の窓や水族館の水槽に使われるとても耐久性の高い樹脂を使用しています。
JIS A 6909 建築用仕上げ塗材の耐久性試験A法に基づき、促進耐久性試験(試験時間は4000時間=自然暴露15年相当)を実施した結果、4000時間試験後に判定基準項目全てにおいて、異常なしという結果になりました。

要素2.高い防水性

アステックペイントの塗料は独自の技術により伸縮率600%を実現しました。
可塑剤(カソザイ)を一切使用せずに、優れら弾力性を長時間にわたって発揮!

可塑剤とは?

可塑剤とは塗膜を軟らかくするために、塗料に加える成分の事です。
一般の弾性塗料(ひび割れ対策用塗料)には、可塑剤が含まれています。可塑剤は紫外線にあたると、3~5年で完全に気化してしまいます。可塑剤が抜けた塗膜は弾性を失い、硬化してひび割れを起こします。

超弾性塗料アステックペイント 伸縮率600%以上

アステックペイントは可塑剤を使用していないため長時間弾性機能を維持します。

アステックペイントはピュアアクリルの分子の組み換えにより、樹脂そのもので長期間弾性を発揮することができるので可塑剤を加える必要がありません。
国内塗料のフッ素やシリコン塗料並みの超耐久性を発揮すると同時に、防水塗料に必要な高弾性を有しているため、非常に優れた塗料であると言えます。

戸建住宅の不具合件数の1位と2位が屋根・外壁からの雨漏り=水の浸入によるものです。住宅内に水が浸入すると壁にシミができたりカビの発生や腐食を起こし、住宅寿命が縮みます。

アステックペイントの塗料は住宅のひび割れに追随し、水の浸入を防ぎます。 よって住宅劣化の一番の原因である、水の浸入を防ぎ、家を長持ちさせることが可能です。
だからこそ、家を守るには 防水性が大切なのです。

相談件数の多い不具合との関係

要素3.遮断性

熱をシャットアウト

アステックペイントは屋根の蓄熱を防ぎます。

アステックペイントの塗料にはナノセラミック粒子が含まれており、塗膜表面にあたる太陽熱を反射させ熱の侵入を防ぎます。
また、塗膜内に吸収されてしまった熱もナノセラミック粒子により外側に反射されるので、屋根の蓄熱を防ぎます。

アステック製品と一般塗料の比較

アステックペイントの製品でこんな実験をしてみました。

2つの小型の住宅模型を用意し、屋根面の片方にアステックペイントの塗料を塗り、もう片方には一般塗料を塗布し、ランプを当ててみたところ屋根の表面は約24度、屋内では約5度の差が出ました。

屋根表面と室内の比較

トータルの生涯コストが安い

その他、アステックペイントの塗料は経済性にも優れています。

一般的な塗料は塗り替えの度に下塗りからの作業が必要になり、コストもかかります。
アステックペイントなら2回目以降の塗り替えの際は、下塗り不要で高圧洗浄のあとに上塗りの塗布のみで良いので、とても経済的です。

「商品力」だけでなく「塗装技術」にもこだわりを持つ、アステックペイント

最大10年の製品保証

過酷な環境のオーストラリアで10年の製品保証の実績も多数あり、日本国内でも同様に最大10年の製品保証書を発行しています。

最大10年の製品保証

技術研修制度

確かな工事品質を保つため、弊社の技術研究会を受講し終了証を取得した施工技術者のみが施工を許される制度です。

 アステックペイント技術研修会修了証(今井英晃)

お問い合わせはコチラから